【はじめに】仮想通貨の初心者へまず伝えたいこと

未分類

こんにちは、「かそぶろ」管理人のやけゆうです。

この記事では、これから仮想通貨を始めてみたいと思っている方へ

「仮想通貨を購入する前にこれだけは最低限知っておいてほしい」

注意点をお伝えします。

管理人の基本情報

初めに、私のプロフィールを軽くご紹介。

  • 名前:やけゆう
  • 年齢:37歳
  • 出身:沖縄
  • 職業:webライター
  • 趣味:ヨガ、筋トレ

2018年に脱サラし、2年のニート期間を経てwebライターとなりました。

私が仮想通貨を初めて購入したのは、ネットやテレビで盛り上がっていた2017年12月頃です。

当時は軽い気持ちで始めたのですが、2週間で16万の利益が発生したため、仮想通貨にどっぷりとハマりました。

そして、勢い余って150万円分のコインを追加購入したのですが、ご存知の通り2019年1月に仮想通貨バブルが弾け、結果的に100万円を溶かすこととなります…

仮想通貨は「投資」ではなく「投機」

結局、仮想通貨は「投資」ではなく完全な「投機」で、ギャンブルとほぼ同じだったということです。

仮想通貨で痛い経験をしてから、私はもう一度お金について勉強し、仮想通貨について理解を深めました。

そもそも仮想通貨は、ハッキングを受けるなど技術的にまだ未熟なので、将来の見通しを誰も予測することができません。

また仮想通貨は、1週間後に2倍の値段に跳ね上がるときもあれば、逆に3分の1の値段に暴落するケースもあります。そのような投機と呼べるコインに素人が大金を投じるのは、やはりリスクが高すぎます。

情報に惑わされないこと

また、ネットなどで出回っている仮想通貨の情報をそのまま信じるのも危険です。

仮想通貨バブルの頃は、インフルエンサーと呼ばれる情報発信者が、仮想通貨についてブログYouTubeで連日発信。しかしバブルが弾けると、インフルエンサーは仮想通貨の発信を止め、別の稼げる案件について発信を始めました。

自分の都合のいい情報だけを発信する、いわゆる「ポジショントーク」に振り回されると、私のように正しい売買の判断ができず大損を被ってしまいます。

大切なのは、どんな情報でもすぐ鵜呑みにするのではなく、まず自分で調べて、考えて売買の決断をすることですね。

セキュリティは万全に

自分の資産を仮想通貨に変える際は、セキュリティ意識を向上させる必要があります。

仮想通貨は技術的にまだ発展途上のため、ハッキングされて盗まれる可能性が高いです。

仮想通貨を保管してくれる大手の取引所でも、2018年1月の「コインチェック事件」のように巨額の資産が盗まれてしまうので、自己防衛手段を知ることも大切です。

仮に自己防衛手段を施さず仮想通貨がハッキングされたとしても、取引所は基本的に保証をしてくれません。規約にも「自己責任で」と明記されているため、自分で資産を守る必要があります。

仮想通貨の可能性

とはいえ仮想通貨の技術は、現在のお金に対する概念を一変させる可能性があります。

特に仮想通貨で使われている「ブロックチェーン」という技術は、国ではなく個人が通貨を発行できるという画期的なテクノロジーで、世の中を変えてくれると私は信じています。

また、仮想通貨の価値は未だに乱高下しますので、今は少額資金で購入しながら楽しんでいるところです。

このブログを通して、仮想通貨の可能性を感じてもらえると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました